メールで画像など大きい容量のがファイルを送ろうとすると、容量が大きすぎて送れない。こんなことがあると思います。
私たちのようにウェブ制作をやっていると、お客様と画像のやり取りが頻繁にあるため、お客様から画像を送りたくても送れない、といった相談もあります。

そんな時に便利なサービス「firestorage(ファイヤーストレージ)」を今回ご紹介します。

firestorageって何?

firestorageは誰でも簡単に大容量ファイルを共有できるサービスです。
高画質な写真や動画等もfirestorageにアップロードして、発行されたURLをお相手に送るだけで、相手先はそのURLをクリックするとファイルをダウンロードすることができます。

URLだけでダウンロードできるとなると、どうしてもセキュリティーが心配になりますが、forestorageではパスワードを設定したり、保存期間を設定して、ダウンロードを制限することもできます。

firestoregeの使い方

使い方はとても簡単。
まずはfirestorageにアクセスしてください。

firestorageのアップロード画面
  1. ファイルをここでアップロードにチェックを入れます。
  2. 保存期間を選びます。
  3. アップロードしたいファイルをドラッグするか「ファイルを選択してアップロード」からファイルを選択します。
firestorageアップロード完了画面

アップロード画面の下にダウンロードURLの画面が開きます。(画面遷移なしで広告の下に表示されますのでご注意ください)

あとは、ここに表示されているURLを送りたい相手にメールなどで伝えるだけです。

送られた相手の操作

送られた相手側の操作も簡単です。

firestorageダウンロード画面

URLをクリックすると上記の内容が表示されるので、「ダウンロードページを開く」ボタンをクリックします。

firestorageダウンロード画面

ダウンロード画面が開きますので、あとはファイルをダウンロードするだけです。

まとめ

firestorageのようなサービスは画像のような大容量のファイルを送るのに大変便利です。
複数の画像ファイルを送るときには、複数のファイルをまとめて圧縮してZIPファイルで送ることもできます。

スマホのカメラでも画素数が上がり、画像ファイルの容量は大きいものが増えています。
メールで画像を送るのにお困りの方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。